風俗嬢やキャバクラ勤めなど、夜の仕事は、以前よりも人気になっているようです。
これらの仕事は稼げるイメージがありますが、年々収入格差が広がっているようでもあります。
生活水準が上がったのに、給料が下がってしまった、ということもよくあるようです。
また、公的な保証がないので、病気や怪我をして休んでしまうと、そのあいだはまるまる無給、ということになってしまいます。
そんなときは、まとまった現金が必要になりますが、水商売であっても、消費者金融や銀行系カードローンでお金を借りることはできるのでしょうか?
キャバクラ嬢は働いていますので、毎月一定の収入があれば、借入は可能です。安定収入がある、ということがキャッシング会社の審査基準になっているのです。
これは、夜の仕事がアルバイトであっても、ホストであっても同じです。
消費者金融や銀行系カードローンには、即日融資が可能なところもあります。
審査がその日のうちに通る事が必要ですが、この審査の中に在籍確認があります。
勤め先にキャッシング会社が電話をかけて、申込者本人が在籍しているかどうか確認をするのですが、源氏名を使っているので、本名を告げられても職場の人がわからないかもしれないという不安があるのなら、名刺に書いてある源氏名OKな金融業者がありますので、そちらに申込みましょう。
また、この在籍確認電話が心配だからと、偽装会社やアリバイ会社を利用すると、
詐欺になり罪に問われますので利用しないようにしてください。
審査に通ったならば、融資されるお金は借金だということを心得ていてください。
クレジットカードやカードローンで生活費を支払っていると、それが借金だということが意識からなくなっていくことがあります。
ですから、利用限度額いっぱいまではできるだけ使わないようにしたいものですね。利息がつかないという点では、借用書を書いて会社や知人から借金をする方が良いのです。キャッシング会社を利用するメリットはキャバクラ嬢でもすぐ借りられるという点かもしれません。今すぐお金を借りたい場合ココ